【食事系の管巻き・9】ガロン

沖縄で紙パック入りの飲料を買う際は要注意。内地の感覚で、「おっ安い!」ってのは駄目。何で?同じ1パックじゃん?

違うんだな、これが。沖縄はアメリカ治政下にあった期間が長ったせいで、アメリカの単位を使った。1ガロンは3.785リットル。4分の1のクォーターガロンが946ミリリットル。

因みに8分の1ガロンが473ミリリットルで、これはパイントと呼ばれる。パブなどではビールをこの単位で頼む事が多い。

だが、パブの多くは英国風。またややこしくて、イギリスの場合は1パイントが568ミリリットル、1ガロンが4.546リットル。

hubを始めとした日本のパブがどちらの数値を用いているのかは定かではないが、少なくともhubは「英国風」と唄っている訳だし、568ミリリットルであろう。実際、パブの1パイントって結構でかいと感じるから、500ミリリットルオーバーのこちらかな、と。アメリカ式の473だったら、小さいと感じる筈だ。

ガロンとかパイントとか、糞食らえ。国によって単位が違うとか、ごみ、使えない。リットルで統一しろ、今すぐ。マイルだのヤードだのインチだの、低能ブリカスにアメ公、いい加減にして置けよ?ビリオンが英米で違う数字とか、どうしようもねえなこいつら。

本題に。牛乳などのパックは、見た目1リットルっぽいけど、沖縄ではこの946ミリリットル。54ミリリットルも少ない。だから、値段もそれ相応であって当然。安値に騙されない様に。

でさあ?日本なんだろ、ここ?これ、直さない?基地にぐちゃぐちゃ文句言う癖に、こう言う所はアメポチのまま、恥ずかしくねえの?

でかい紙パックは1リットル、今すぐに変えろ。

(続)


海と空は飽きないね。

久米島の南端付近。

服を脱いでいるのはまず外人。

海の色の違いは面白い。

Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする