2022-02

管巻き

日記0221

2月15日火曜、昨晩はワインをがぶ飲み。昼間にぶらぶらと国際通りを散歩。博多ラーメンのいっこうしゃで食う。店の名前は変換するのが面倒なんで、平仮名で。 ここは替え玉、期間限定だけど50円だったのが素晴らしい。ばりかたが美味い。最近の...
管巻き

ぎょさん

漁業従事者のサンダル、略してぎょさん、って事だ。全く知らなかったけどね、ビッグワンでサンダルを買って来て、それにぎょさん、って書いてあって、何だろう、って調べた。 小笠原諸島が発祥らしい。このサンダル、便所サンダルに近いんだけど、結...
管巻き

軽石

ちょっと前に話題になっていたけどな、これが海岸に流れ着いて困っているって話で。俺も一度波の上で見て来た。もう大体掃除が終わった後だったけど。 軽石って、俺のイメージでは結構でっかいけど穴が沢山開いていて軽い、踵削りとかに使う物。こう...
管巻き

向き不向き

人間これは絶対避けられない、仕事でも趣味でも、人間関係でも、向き不向きはある。今の仕事で言えば、体験来て以後来ねえのとか、来て辞めるのかとかは、まあね、俺の力の問題もあるかも知れんが、結局はここに尽きる。 要は、合う合わない。俺が売...
管巻き

日記・2/15・5

活力が失われる、これに尽きる。道を外れた所にしか新しい物は見つからん、国の教え通りに道に沿って生きていれば従順な奴隷になるだけだ。 俺の感覚では、推薦を取れるってのは奴隷度が如何に高いかと言う印でしかない。首輪の本数を競い合っている...
管巻き

日記・2/15・4

そっち方面の研究をもっとしようと思った。これで結果が付いて来るならこちらも有難いしね、正直時代も大分シフトしつつある、一般に拘る必要は皆無。 確かに俺の頃はね、推薦って馬鹿のレッテルみたいなもんで、実際問題ろくな連中ではなかった、ん...
管巻き

日記・2/15・3

常に地道に努力、世の中これだけなんて生き辛くて仕方ねえわ、俺とすりゃあ。これが出来る奴が勝ち組なんだと思うけどね、そんな人生に真面目な奴ばかりでもない、こう言う層を消す事は出来んと思うね。 幾ら頑張って排除したって、人生戦いなら常に...
管巻き

日記・2/15・2

実際問題、これからは少子化でこう言うルートが増える可能性が高い、向こうもなるべく実績を求めて来るしね、単にペーパーテストの能力ではなくて、積み重ねて来た物。 俺の中でも賛否両論で凄く複雑。世の中常に2択を用意しねえとならんよね。地道...
管巻き

日記・2/15・1

2月13日日曜。ジスタスでだらだら、その後気合い入れて8時間稼働、ビールとワインを補給しながら、何とか凌ぐ。終わって呷って寝る。典型的な1日。 2月14日月曜。やらんとならん事は結構やった、6時間稼働。最後の2時間を入れなかったのは...
管巻き

日記0213・2

のれん街もそこそこ人はいたが、やっていない店が多いので営業中の店に集中しているからだろう。でんすけは音楽がうるさ過ぎるね。バーコードの注文は面倒。千べろは中瓶3つが最高に得、1軒目に良いかも知れん。 通しが余りにしょぼいのと、他のテ...
管巻き

日記0213・1

2月9日水曜。琉球家は不味かった。国際通りに出来た内地系列の家系ラーメン、時計台の跡地、沖映通りと国際通りの結節点にある。スープが軽いんだよね。武蔵家の方が全然良い。 2月10日木曜。ちょっと仕事して、殆ど寝る。だらだらしたい気分。...
管巻き

ヴ・ナロード

ロシア語で「人民の中へ」と訳される。19世紀後半のロシア帝国の末期、皇帝専制政治を打倒し改革しようと言う知識人、インテリゲンツァ、は革命思想を広く農民に浸透させる為にこの標語を掲げた。 大半のケース、失敗した様だ。やはり知識の開きは...
管巻き

醒めない夢の中で

沢山あるね、構想だけは、奄美にも宮古にも石垣にも、っては思っている、沖永良部にも与論にも徳之島にも。宮古石垣の話はちょっと現実化、コネの御陰だけどね、ずるいよなっては思う、こう言うの。 多分実現する事はないのだと思う、俺の能力だと。...
管巻き

やってみるもんよね

高々パチプって言う、ってより、世間からすれば相当に底辺、こんな立ち位置から始めたって何となるんだよ、俺の意義なんて然程ないんだから、これ位参考にしてくれ。 人間想像力はあるけどね、所詮限られたちっぽけな物。今の俺を5年前の俺は想像出...
管巻き

勉強カフェ

思いついて書いて見るだけ、実際結構前から構想は持ってはいたんだけど、表題通りの物って出来ないかなあ、って。漫画喫茶の漫画の代わりに大量に参考書を置いて、自由に使って長居出来る。 自習室の雰囲気じゃなくて、スタバのイメージに。俺自身パ...
管巻き

日記

2月5日土曜。昼過ぎに起きて準備。フル稼働で夜にモーガンをナッツで。最近ちょっと仕事をする様になった、打ち込みとか、予習ね。ぼちぼち暖かくなって来るなあ、カーテンレールの取り付け、今年こそはしたい。 このカーテンレール、買って2年位...
管巻き

胡桃・4

世の中には凄い奴がいるもんだ、この胡桃に対する拘り。この無茶苦茶固い種の割り方を一生懸命考案して、そこから上手く実だけを取り出す、考えるだけでも面倒過ぎて俺ならぶん投げる。 どこ迄も切れない、諦めないこの思考、実に素晴らしい。必要は...
管巻き

胡桃・3

物凄く労力に見合わねえなと思った。これだけ苦労して、ほんの一口。俺の中ではコスパ最悪の物が胡桃。味は悪くはないんだけど、そこ迄美味い物でもない。 それを今、スーパーで買って来てぼりぼり食っている。ふと疑問に思った、どうやってこの中身...
管巻き

胡桃・2

別に飢えていた訳ではない、家で飯は十分に食っていたけど、珍しい物があると口にする。この餓鬼の頃の癖が今でも残っているから、珍しい物を見ると買ってしまうし注文する。 木の実はその侭だと余り美味くはなかったな。家に持ち帰って母ちゃんに料...
管巻き

胡桃・1

胡桃(くるみ)を食いながら色々思い出した。俺の育ちは横浜だけれども、そんな都心って感じではなくて、自然豊かな地域だった。山手と言われる地域で、一般的には高級住宅街。俺の所は只の公務員住宅だけどね。 港の見える丘公園、外人墓地、元町、...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました