mikan

特にテーマを決めずに、思った事をそのままに。mikanは凄いよ。あれで色々なレベルを御遊びにやるだけで、力は跳ね上がる。今の連中、これを強制的にやらせただけで飛んでもなく力がアップした。

一番優秀なのが、以前はあれもこれも、「知りません」とか言っていた単語ばっかりだったのに、今じゃ1つの長文中に23つしかないんだよ、知らないのが。元から能力は切れ切れだったので、そこを引き離すような展開を作らなきゃならなくて、ちょっと大変。

昔、講師をやっていた時、復習を強調していた。同じ参考書を、何度もやれ、と。今更懺悔しても、既にその被害者には詫び様もなく、ちょっと申し訳なく思うけど、復習なんて、実はいらん。本当に、申し訳なく思う、あの塾で教えた方々には。

英語、語学は、常に新しい物と向き合ってなんぼだ。一度やった物を何度もやっても、その答えを覚えるだけで、意味がない。だから今は、物量で押している。復習は、音読だけでOK。基本的に、問題は一期一会。

その上で、膨大な問題を出す。内容的には一緒でも、新問題に当たる事で、力が付く。今は指導が自由に出来るから、それでやってみた感想。

某塾は、授業の1回分を使って復習テストをやらせるじゃん?あんな無駄なもんはねえわな。あれで1回分の金を取るとか、詐欺。復習とか、その訳を覚えて来るだけで、意味なし。言語は特に、常に新しい物に接して、そこで考えさせないと。

今は結構手応えがあって楽しいね。そして、本当の実力とは、って常々試行錯誤して向き合うので。やっぱり、鶏口牛後だわ、自分で自分の思う通りにやって、なんぼ。肛門の糞どもはそこで屯してりゃあいいんじゃねえの。汚らしい蝿は。


そこそこ美しいけど、こんなに写真を撮るほどでもない。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP