【九州紀行・46】天文館

ただ、メニューが沖縄チックなんだよね。折角旅行に来ているのにこれはあり難くない。薩摩と琉球は近いし、関係も深いし、御互いに影響を与え合っているのは仕方ないけど。

薩摩揚げも、本来は沖縄の物。糸満とかで良く売っている「ちきあぎ」が薩摩に伝えられて、それが訛って「つき揚げ」と呼ばれる。薩摩揚げとして全国には一般的だけど、これ、沖縄の物よ。一応食ったけど、想像通りの味。俺は嫌いでもないが好きでもない。日常的には食わん。

高い芋焼酎、3Mと言われる「森伊蔵」「村尾」「魔王」、その中で特に高い森伊蔵がグラス1500円でメニューにはあったんで、安いから頼もうと思ったけど、品切れ。森伊蔵に関しては、メニューにあるのに実際にはない、こう言う店が多い。なんか、詐欺。この名前と値段で客を呼んで、品切れです、では済まないと思うぜ?

3軒目、予約がなかなか取れず、取れたは良いけどそれまで時間があるので、散歩しよう。野郎だけのメンバーならば風俗街を見学しない訳にも行かないだろう。鹿児島市街にはソープはわずかに4軒しかなく、しかも、かなり外れにある。

そこそこの距離で、歩くの渋る皆を無理矢理引き連れて、向かう。食ってばっかりなんだからカロリーを消費しないとやばいって。それに、風俗街は、実際に入るかどうかは別にしても、見ないといかんだろう、男として。

甲突町と言う所にある。恐らく、旧赤線地帯。元々は置屋があったはず。町外れの裏通り、しかも4軒しかないので、寂しい感じ。見ただけで、入ってはいない。この雰囲気だと、ちょっと突撃する気にならないな。

調べた感じ、嬢はそこそこはいるけど、質は厳しそうか。鹿児島の風俗はデリヘルがメインで、そちらはかなり多い様だった。天文館周辺には他の風俗も恐らくない。

(続)


城山にある西郷隆盛像。これは公式の物ではない。

「むじゃき」のメニュー。かき氷。

おっさんが食う物じゃねえよ、これ。

俺のは焼酎が掛かっている。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP