追い込む必要性はない

ここからが気合の入れ時、準備が増える。最近じゃ怠けてばっかりだったんで、良い機会でもある。生活パターンを変えてくれる訳で、必然的に、義務的に。

こうでもないと変わらないのが人の性。明日からはと誓って見た所で、冷蔵庫の酒を飲めば、明後日からにしよ、となるのが関の山。

結局追い込まれないと動けない。これはもう、皆そうだと思うよ、一部の偉人を除いては。だからこれを恥じる必要も、反省する必要もない。

只単に、追い込まれれば動きはするのだから、動けなくはないのだから、そう言う状況に自分を持って行くかどうかだけ。厳しくなればやるし、ならなきゃやらん、それで良い。

ワークライフバランスとは、最近叫ばれる言葉。別に仕事だけが最上の概念でもねえ。それ以外は娯楽、二次的な物、そんな考えが根強いのがこの国。これをどうにかしないとね。

楽しいから仕事はがんがん入れるが、そうじゃないのもあるのは事実、それは極力最低限で。こう言うの、本当に無駄と思っているので、そろそろ、受け入れも制限した方が良いのかな、とも思ってはいる。

ま、取り敢えずは手広く、俺もそうならんとならんな、って方針でやろうかな。後は成り行きで。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP