英会話・2

例えば、日本語で、「は」「が」の使い分けがおかしいとか、外人にけちをつける奴はいない。これはまあ、仕方ないな、外人だし。日本語、難しいよ、と思う。

こんな所で、そこは違う!とか外人に目くじら立てる奴がいたら、俺が逆に、てめえの日本語、全部チェックしてやるよ、と言いたくなる。

英語能力はボキャブラリーだ。細かい文法知識はどうでも良い。圧倒的な教養と単語知識、これで良い。これ以外の細かい所を求め過ぎだ。英検の面接の試験なんて、結局、面接官の主観がどうしても入る。

俺が試験官なら可愛い子は満点だよ。Fカップ以上は無条件満点。その揺れるジェスチャーが素晴らしいので。その点、ペーパーテストは、非常に客観的。単に、努力だけが問われる、公平な試験と言える。

昨今の試験の英語長文は、中身の薄い、軽い物が主流になっている様だけど、そうじゃなくて、日本語訳で読んでも難解な、そう言う文章こそ、出題して欲しいと思う。奴らの文化や考え方が反映されている様な形式や内容の。

所詮外国語、こう言う開き直りをしない事が、まず日本人の英語能力を落としている。所詮通じる訳ないんだよ。そりゃあね、向こうに行ったら頑張らなきゃならない、それは当然。

この根っこの形は面白い。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP