朝から飲むと言う事・1

そんなに異常な事なのかなあ。俺にはもう日常になっているので、今更全く分からんが、何故かこれをやると異常者扱いされる様だ。休みの日位良くね?朝からやってやろう、って気にはならんの?皆。

万一迎え酒の気持ち良さをもし知らないならば、今すぐにでも経験して見るべきだ。確かに二日酔いできつい時もなくはないが、調子の良い時の迎え酒は最高の気分になるよ。例え調子が悪くとも、酒は酒で洗えば良いだけだ。

今、冷蔵庫の中に入っているのは、金麦グリーンラベル、醤油、セブンイレブンの9%の奴、これだけだ。冷凍庫に池間製氷の氷。昔は水が入っていたのだが、もうやめた。

流石に水を全く飲まないと言う生活は出来ないが、必要ならば氷を入れて水道水で十分だと気付いた。その侭はやっぱり不味いけど、氷水なら分からんよ。半分位は買っている氷が溶けている訳だしね。

なので、冷蔵庫に水が入っていないから、泥酔した翌朝、まず金麦で喉を潤す。この緑の金麦は最早俺の中では水。何か、飲むぞーって気分で飲む物でもなく、ふと気づいたら口にしている物。

只、9%はちょっとやばい。これは極力自制する様にしている。こいつを金麦感覚でぐびぐびやると、2~3本でやられる。何でだろうなあ、やっぱり強い酒なのにペースが変わらない感じになるから良くないのか。

他の酒なら、例えばワインや日本酒や焼酎、こいつらはそれなりに酒の味をしているから、こっちも自制して飲む。と言うか、罰ゲームでもなければこれをぐびっと一気飲みなんてしない。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする