思い出す敬意・8

そんな現実的でそこそこのハードル、そんな気分で塾まで来るな。それ位、手前の力だけで越えろ、越えられないならもうそれはこの世界には向いてないって事だから、諦めろ、これが最上の忠告。

これをさ、うちに来れば受かりますよ、とか、反吐が出るね。これしか受からせられない自分を恥じろ。また、こんなのを大学に送って良いのか考えろ。どうせ、受かった方も付いて行けなく、受け入れた方も扱い切れず、只の不幸。

高い目標さえあれば、俺は受け入れる。現実は兎も角、やる気はあるよ、そこだけは見せないと。ダウン後のファイティングポーズよ。

幾らぼこぼこで、次打ち合ったら確実にKOされるだろうな、そんな状況でも、立ち上がって来る奴への声援は止まない筈だ。別にいい。負ける、落ちる。でも、負け犬にはなるな。

だから、現状どんな糞みたいな成績でも、第一志望「東大」って書いて来る奴は、俺は全て面倒を見よう。でも、「琉大文系」って書いて来る奴は、今後切る。つまらな過ぎる。

多分前にも書いたんだよなあ、でも、書いちゃお。模試の成績表って、俺が全体を把握する為に必ず持って来て見せて貰うんだけど、とある奴、英数国社、全部偏差値20~30を切っていて、志望校は「東大」って書いてあった。



不条理の世界。opneはまあ、糸満ですし。openね。オープンの綴り位は、挨拶出来る学校です!って前に!頑張ろう!糸満!

Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする