朝から補給・2

・逃げの料理

良く思うのが、御好み焼きと焼肉、ステーキ。下拵えはしました、後は自分で調味料で御好みで、これ、逃げだよね。料理人としちゃあ失格だよな、って思っている。

相手に任せる事で逃げている。例え口に合わなくても、それは自分で好みの調味料の選択を間違っただけで、こっちのせいじゃないですよ、って感じ。

料理ってのは自我の押し付け。別に悪い意味で言っていなくて、それで良い。味付けも焼き加減も全部俺がやるから、只御前は食え、それが料理人の心意気なんじゃないかな、って。

口に合わなきゃもう来なきゃ良い。そう言う偉そうな態度の方が俺は好き。選択するって、疲れるんだよ。自分で料理したくないから外食する。って事は、味付けも、自分で選びたくない。

客に自分で選ぶ自由を与える事によって、料理人は批判から逃げている。そんな自由が要らないから外食している。そもそも、選択に自由があると、どうやったら美味くなるのか、分からない。だから俺は料理が出来ない。

それなのに、そんな相手に自由を押し付ける、で、自己責任。これは違うだろうが、自分がベストの状態で出すから、只黙って食えよ、それを求めているのに。もっと傲慢で良いよ、その分、逃げるな。


ハイビスカスも色々ある。赤いだけじゃないのに。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP