飲食店紹介


テーマ:
・酔竜
松山の居酒屋。この辺のにしてはやや小さい店舗。沖縄料理がメインだが、他のものも多い。値段設定はやや高め。アーサの天ぷらはいまいちだった。
・おこげや本舗
豊見城のフードコートにある石焼どんぶりの店。一押しらしい石焼ラフテーチーズカレーを食った。カレー自体は良くあるスタンド系のカレー。が、これを石焼にする奴はアホ。出てきた当初からカレーがマグマのようにぐつぐつ。石焼どんぶりなのでいつまで経っても熱い。猫舌ゆえ食うのに20分以上かかった。石焼タコライスなんてのもあったんで、そっちならましかもしれない。
・玉那覇ウシ商店
西武門近くの沖縄そばの有名店。麺は平打ちだが腰もありいい感じ。スープはいまいちかな。ソーキは本ソーキで甘めの味付け。麺はいいんだけどね。
・楽風
豊見城のアウトレットモールにあるレストラン。らふ、と読む。沖縄そばがメイン。スープと麺は選べる。軟骨炙りソーキそばを鰹だし、細麺で。炙りソーキはうまい。が、他が駄目。スープは薄すぎ。麺もこれといってないな。
・かしわ焼肉専門 疾風とりべえ
国際通り裏の、鳥の焼肉屋。かしわってのは本来なつさんの言うとおり、卵を産まなくなった老鶏だが、これは今では岡山だけで、他では鶏肉の総称になっている、ということだ。鶏肉を焼肉の形式で出すわけだが、これが結構いける。あまり焼きすぎると硬くなるので、レアで食べるとよい、と言われたのでそれで食った。レバ刺しもうまかった。値段はそれなりにするけどね。
・福わ家
ぼんぢりやの豚バージョン。2軒目だったのもあって、あまり覚えてない。値段はやっぱり安い。

注釈

「とりべえ」は結構好きだったのだが。この系列は「ホルモン」に一本化されてしまった。
沖永良部島。良い島だよ。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする