ワゴンRで快適車中泊・その1


テーマ:

酔ってきたので、どうでもいい話を。と言うけど、結構試行錯誤してここまで快適になったので、どんなニーズがあるのか知らんが書き連ねてみる。

まず下準備。後席はできるだけ前にした上でフラットに。助手席は後席を倒したところにくっつくように後ろに下げて、その上でフラットに。とりあえずこの状態で長座布団でもひけば寝られるが、フラットとは名ばかりで床面に凹凸が多い。この解消に苦労することになる。

一番後ろの部分が特に大きな段差があるので、ここには銀マットかシーズン外れの服を敷いて平らにする。銀マットは横幅1メートルの折りたたむタイプがいい。

中ほどにも凹凸があるので、これも服でカバー。が、最近ホームセンターで買った分厚いマットを敷いたら、これは気にならないほどだった。俺が使っているのは、フローリング用の12センチほどもある分厚い三つ折の布団で、下が高反発、上が低反発になっている。こいつはカバーがかろうじて三つの布団をつないで三つ折になっているだけなので、ここから中身を取り出す。で、この内の二つを敷くとちょうどになる。ただ、運転席をかなり後ろに下げている人は入らないだろう。こっちのホームセンターであるメイクマンで1万2千ぐらいで買った。もともとは家で使うつもりだったんだが、家だとこの三つ折の隙間に肘なんかが沈んだりして気分が悪かったので、車用にした。その上にゴムでかぶせるタイプのカバーを敷いて後ろは終わり。


注釈

かなり寝床作りには試行錯誤した。車中泊だけを考えるなら、商用車の軽ワゴンの方が良い。
海は遠浅。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP