気持ちだけ

2010-11-28/20:30:17

気持ちだけ

昨日書いた、他の客の立ち回りの続き。

自分が嵌ってしまって帰らなきゃならん場合、基本的には誰かを探して譲ったりする。聞いた感じでは、知らない奴にカマを掘られるのが嫌なんだと。で、時々話したりするおっさんや爺さんたちが、俺に譲ろうと持ちかけてきたりする。いやね、俺なんかより、他みんな知り合いみたいなもんだから、そっちにあげればいいのにと思うんだが、同世代だとやはりグループとかがあるらしく、いつもいる面子でも、お互い話す奴とそうじゃない奴がいる。仲が悪いんかしらんが、俺なんかは外様だし、世代も離れているから、譲りやすいみたいだね。

これは4年前にすでにわかっていたこと。当時はニュー島唄のエナメインだったから、嵌り台は有難くいただいた。代わりに、クソ嵌り後のしょぼ連なんかをあげていた。3連をしたら期待値が著しく下がるから俺はやめていたんだが、こういうのは爺さんたちは大好きなんで、あげていた。お互い気分はギブアンドテイクだ。収支が平等でないのはしらん。俺のせいじゃないからな。

で、問題は今。気持ちは非常に有難いんだけど、5号機でクソ嵌りを連発している台は有難くないんですけど…。ということで気持ちだけ。一応、「出ている台が好きです」ってアピールはしておいた。たくさん出てから帰るときに声をかけてね、ってことで。

なんか騙している様な気分でちょっと気は引けるが、まともな理論を解説したってわかってもらえるはずも無い。人間お互い理解しあうのは難しい。特に金がかかっている勝負事、人の言うことに聞く耳は持ってくれんわな。でも、本当に気持ちだけは有難くいただきます。


注釈

北谷のマルシンはそんなに客がいないから、すぐに顔馴染みになる。で、話し掛けて来る。この辺の対応が面倒臭いね。

奥に見えるのは佐和田の浜の巨岩群。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする