徒然


テーマ:

震災関連の話をネットで見ながら思ったこと。

サイパンとグアムの間にあるアメリカ領の島で被災者を受け入れているらしいな。ちょっと行こうか考えた。俺も被災者扱いなので、行こうと思えば行けるはず。

もちろん仕事は無理なわけだが、この被災者特権を利用してアメリカ留学代わりに行ってみるのもありかな、なんてね。グアムには一度行ったことがあって、雰囲気や気候なんかが気に入ったので、ここも似たようなものだろう、ってのもある。こんな島でのんびりしながら、適当にバイトでもしてみようかな、とか。ま、親を不慣れな沖縄に放置しておくわけにも行かないから厳しいか。さすがに高齢の両親を連れて外国は論外だろう。

バイトでもう一つ。原発突撃隊の補助で、時給1万で募集していたらしい。すぐに一杯になったとか。ま、金のためだろうが、一応国のためでもあるし、両面からやりがいのある仕事と言える。人間、つまるところ時間を金に変えて生きているわけで。寿命を削って金に変えてしまうのも一つありかな、と俺は思う。ただ、それならもう少し時給は欲しいけどね。

親が来たゆえ、それなりに忙しくはあったけど、こんな代わり映えしない日常を送っていると、たまには環境を変えてみようかな、とか思ったりね。原発突撃隊はもう少し金がよけりゃあやってもいいかなと本気で思う。直ちに影響ないんだから大丈夫だよな?枝野さんよ?あ、突撃隊にはそんな保障してねぇか。


注釈

俺一人なら、海外避難生活も面白かったかな。
下の方でじっとしている魚もいる。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP