【和食60】中国も教育して

観光客も同様。沖縄県民ですら中国人観光客には呆れているそうだ。俺は街中で見る程度で、俺が行く様な飲食店では隣に鉢合わせることも少なく、そこまで直接に接していないから、あんまりわからん。

声がでかくてうるさいとか、道路に広がって歩いているから邪魔とか、レジの並びでやたら前に詰めて来てうざいとか、ぐらい。ホテルなんかでは、部屋の調度品を全部持って行ってしまったり、結構困っているとは聞くね。

これはもう中国が国を挙げてしっかり教育しないから悪いのであって、日本の問題ではない。こちらとしては、中国語の張り紙を増やして注意喚起するぐらいしか対策出来んし。

逆に、日本人が海外に出て行く際は大方評判は良いので、日本人のマナーはしっかりしている。警戒心が無さ過ぎて犯罪被害に遭うので、これはこれで問題ではあると思うけど。

まとめると、移民、無条件にただ受け入れよう、とは俺は言っていないよ、ってこと。移民にもこの国に合わせて貰わなければならないところはある。そこはしっかり国策で教育した上で受け入れるべき、と言うことだ。

その上で受け入れた移民ならば、移民側としてはこの経済大国で生活レベルが上がって満足出来るだろうし、受け入れた側としては、不足する労働力を補ってくれる。ウィンウィンの関係になれる。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP