北部へ

前の続き。

実際、翌日9時にはレンタカーを借りて観光に出発したのだが、こういう時はしっかり目が覚める。普段、目覚ましで渋々起きてパチ屋に向かう時とはわけが違う。気持ち良く目覚められる毎日を過ごしたいものだ。

7月23日木曜。朝から観光へ。今日は北部を回る予定。レンタカーをまず借りる。宿とのセットで非常に安かったからあまり文句も言えんが、ブレーキが変。ちょっと踏むと急ブレーキがかかる。がっくんがっくんして乗り心地が悪い。

走っているうちに徐々に改善して来たけど、ぼろい。ナビはついていないが、そこは地図を見れば十分。それに、海岸線を走ることにしていたから簡単ではある。山の中は特に見るべきところもないようだ。

市街地近くの大熊の展望台から名瀬港を望む。美しい。いい島だな。景色は山が多く、どちらかというと日本的。だが、海の透明度は南国という感もある。両方が入り混じったのがこの島だ。

点々とした集落を抜けていく。日本的海岸とのミックス。これは新鮮だ。途中、芭蕉の群落、蘇鉄の群落を見る。この島ではこの2つの植物がまとまって生えていることが多い。

蘇鉄は戦後の食糧難の時代には貴重な食物だった。現在でもナリ粥、ナリ味噌という形で食されている。土産屋でも蘇鉄味噌として目にすることが多い。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP