【九州紀行・35】井出ちゃんぽん

ラーメンに野菜は不要と思っている俺にとって、野菜が大量に乗って出て来るちゃんぽんは最もあり得ない食い物の一つ。野菜抜きにしたいんだけど、それはただのラーメンであって、ちゃんぽんではなくなる、ってのが痛い。

仕方ないから、普通のをオーダー。スープを一口味わってみる。おっ、これはなかなか行ける。このスープは悪くないよ。

食い終わった感想。ちゃんぽんは駄目だわ、ない。全否定。大量に乗っている野菜から出て来る水分がこのスープの味を薄める。野菜炒めだから、その油も溶け出す。これでスープの味が全部ぶち壊れる。元のスープは結構良いのに、なんて勿体ない。

麺は太くてスープを掬って来ないのもいまいち。その癖、量は多い。本来そのままのラーメンで良い物を、わざわざ不味くして食っている。これの野菜抜きのメニューでもあればまだ良いが、なかった。もし野菜抜きにしても値段は変わらない訳だから、損をする。

同行者たちからは特にこう言う意見はなく、俺が力説しても耳を傾けてくれない。まあ、好きな奴はいるんだろう、これだけ繁盛していた訳で。昼飯時だったけど結構いた。味より量で勝負、ってイメージ。

駅に戻ろう。どうせ流しのタクシーなんて捕まらないから、近くのショッピングセンターへ。ここなら何台か停まっているだろう。と思ったら、丁度バスがあった。これに乗って佐賀駅に戻る。ここから高速バスで福岡へ。今晩は中州で遊ぶ予定、飲む食う買う。

天神からグーグルマップ頼りにがらがらやって、宿にチェックイン。アルティ・イン、ぼちぼちだったかな。繁華街に近いのは助かる。

(続)


明治期の旧銀行。

古民家では様々な体験が出来る。

ちゃんぽん。野菜がね。

佐賀県内で展開しているちゃんぽんチェーン。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP