【九州紀行・30】カラオケ

カラオケ、久々だな。いつも飲んでいる連中は皆カラオケ嫌いなので、行く事がない。今回も、なつさん、ウメ、エミリーは一切歌っていない。ミチヲとすけこまし君と俺で回した。

こんなもん、ストレス解消と騒ぐネタ、上手い下手とかどうでも良いと俺は思っている。久々にシャウトした。が、動画を撮ってアップするのはやめろ、ミチヲ。自分の声の録音を自分で聞くと、思っていたのと違うから気分が悪い。俺は自分の声が好きじゃないな。

麦焼酎の二階堂をぐびぐび飲みながら騒ぐ。4軒目、ラーメン屋。観光なら、一度は佐賀ラーメンを食って帰って、って事で、すけこまし君に奢って貰った、有り難う。

でも、空いている所が少なくて、適当に入った様な。調べた感じ「いちばん星」だと思うんだけど、合ってる?

スープは豚骨で悪くないが、麺がでろでろ。博多の奴よりも太くて、卵が入っているつるつる麺か?この一軒しか食っていないから、本来の佐賀ラーメンがどんな物なのかはちょっと分からん。

これにて解散。タクシーで帰って、シャワーを浴びて寝る。佐賀の松山、想像よりは大きかった。店もそれなりにあるし、たまに遊ぶぐらいなら良いかも。しょっちゅう来ているとすぐに飽きると思うが。

(続)


カラオケ。

歌わない二人。

久々にやった。

佐賀ラーメンにも旨い所はある、筈。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. ミチヲ より:

    師匠の歌声が濡れ濡れになるんでUPしただけっす
    歌うまいじゃないっすか!!!

    • 毒鼬 より:

      上手いと言われりゃ悪い気はせんが、今じゃ機械が合理的な判定をしてくれるからなあ。

      あり得ない点数が出るんだよ、俺と泡島は。

      別に、上手い下手、どうでも良いけどね、気持ち良く歌えさえすれば。

PAGE TOP