飲食店紹介

柔カオマンガイ

安謝のタイ料理屋。入口が裏側で地下の店なので、分かりづらい。靴を脱いで入る。店内はそこそこ広い。マッサマンカレーを食ったが、辛さは大したことがないものの、味は良かった。それでいて値段は安め。タイは基本的に仏教国だが、そこの少数民族のイスラム教徒の間で普及しているのがこのカレーだそうだ。一時期話題になってあちこちの店で出していたが、旨いもんだな、他の店でも食ってみるか。スーパーのレトルトはいまいちだったけど。この店のこのカレーは旨いんだけど、立地が悪過ぎるかもなあ。

菜彩

久茂地のいつもの。白子の塩焼きは冬の定番。牛肉の味噌柚庵焼?とかってのを食った。柚庵焼きってのは、江戸時代の茶人、北村祐庵が創案した、酒・味醂・醤油に柚子を入れたたれに漬け込んだものらしい。茶人らしく、上品な味。しかし、柚庵焼とか、初めて聞いたよ、これだけ食い歩いているのに。ここの大将は凄いね。

新山食堂

浦添の外人住宅街の沖縄そば。近くのラーメンとカレーの店「テイアンダー」が臨時休業で、ここまで来たんだから、と言う事で、仕方なくここに。名護の老舗らしいが、沖縄そばは、古臭い、パチ屋の食堂で出してそうな味。本ソーキも固くて味付けが濃い。麺はやわらかめで伸びた様な感じ。量はある。これで750円は高い。この人気の場所とは言え、ないわ。これで500円ならまあ何とか許せるかな、ってレベル。500円でも、もう一度行こうとは思わんが。駄目駄目。


本部の田空の駅にて。何だこのシーサーは。製作途中か。

雑然としている。

屋根の上にいる山羊。山羊は高い所が好きだからねえ。

草なら何でも良い訳じゃないみたいだ。食わない草もある。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする