【慶良間紀行・10】座間味島へ

ぼちぼち時間か。戻ろう。あちこちアクティブに泳いだり歩いたりしたからか、サンダルの緒が切れた。もう古かったしな、これ。売店で島草履を買う。

昨晩泊まった宿、スマイルに戻る。外のシャワーはチェックアウト後も自由に使って良いって事なんで、海水だけ洗い流す。で、下で預かって貰っていた荷物を持って、港へ。

海上バス「みつしま」に乗って、座間味島へ。小さな船なので肌で風を感じられる。これが気持ち良い。ものの10分程度で到着。宿にチェックイン。

今日の宿は「チャーヴィラ」。1泊素泊まり6000円。最近出来た宿の様で、非常に綺麗。キッチンもあるので、ダイビングでの長期宿泊にも向いている。1階が和室、2階が洋室。今回は下の和室がぎりぎり取れたぐらいの、人気の宿。庭もあって、カフェも併設していて、のんびり出来る。

座間味島だと、設備を選ばなければもう少し安く泊まれる所もあるとは思う。それでも4000円ぐらいかな。ゲストハウスにしたらもっと安上がりにはなるかも知れない。

さて、まだ時間は15時過ぎ、日没まで時間はある。宿でだらだらとか、勿体ない。なので、徒歩で古座間味ビーチへ。アップダウンがあるのがちょっときついが、20分程度、シュノーケル道具を持って、出発。

(続)


ニシバマにて。この魚は良く後をくっついて来る。

阿嘉ビーチにて、海亀を発見。

ニシバマ。砂もさらさら。

ニシバマの展望台から。止まっている様に見える海。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. なつ より:

    コバンアジですね。その魚。
    国場川とかでも釣れるんで、生息域は広そうですね。

    沖縄某三大高級魚より好きです。この魚。

    • 沖島毒鼬 より:

      へえ、旨いんですか、これ。沢山いたんで、シュノーケルしながら釣りをしたらがんがん釣れそうな。食い付く所まで見えて面白そうです。

      他の場所でも大体見ましたから、海岸線からでも簡単に釣れそう?一丁やりますか。

  2. ミチヲ より:

    海カメと一緒に泳ぐとかレアな体験ですね!
    うらやましい。
    来年からのビーチパーティーは水中カメラ必須ですね

    • 沖島毒鼬 より:

      海亀はそこまで珍しくはないかもよ。あちこちで見る。

      水中カメラは欲しいな。買って。

PAGE TOP