粟国紀行・7

起きてチェックアウト。ビールを飲んで散歩。この島の売店も一通り回った。天麩羅を食って、沖縄そばを食って。又港の売店でビール。船では寝て、帰って来て、ちょっと遅れたので結構ぎりぎりで、そこから仕事。

ここに行ったのは昨年の6月の事。まだ観光の本シーズンではないとは言え、随分と観光客は少なかった。慶良間が中国人で一杯なのと比べると、その差は相当だ。

この島には全般的に、観光名所が少なく、ビーチも長浜しかなく、ここも割と普通。だから見所が少ない。且つ、海が荒れ易く、船も欠航し易く、観光地として開発するにはかなり厳しい。

1泊が必須な上に、南風がちょっと強いと、港内のうねりの為に船が出なくなるのが痛過ぎる。運が悪けりゃ予定通りに帰れないからな。これは多分防波堤とかで改善出来るのだろうけど、現状そこ迄の予算の余裕はないと言う所か。

ダイビングは良いらしい。ギンガメアジのトルネードが良く観光ガイドに出ているので、それを見に来る人は沢山いるだろうが、それ以外が、ね。

嘗ては飛行機も飛んでいたけど、滑走路をちょっと外れると言う事故が数年前にあって、それ以来飛んでいない。ヘリは出ている様だが、当然高い。なので、時間的余裕があって、何もない所でのんびりしたい人が行く所かな。(終)

大正池。汚い。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP