ストロングゼロドライ

ところで、このストロングゼロドライって、やばいね。9%もあるから、缶から直飲みするところっと行くぜ。こいつは人工甘味料が入っていない上に糖分も少ないんで、結構気に入っている。

他の似た様な奴は、大体アセルファムだとかが入っているんで、パス。本搾りは味は良いけど、6%程度。酒その物を求めるなら、このストロングゼロドライは良い。

流石に、甲類焼酎ストレートでぐびぐびは、無理。このストロングゼロドライですら、飲み始めの段階ではかなり酒臭いと感じる。ドヤ街のおっさんどもと比べると、俺はまだ全然、アル中のアの字にも到達出来ていない。

何で、ストロングゼロドライも直飲みはしていない。貰ったタンブラーに氷を入れて、割って丁度良い。こいつには一応糖類も入っていないんで、フルーツは使われているけど、で、カロリーも抑えめで、味もすっきり。

そうそう、タンブラー、使い分けがあるよ。なつさんから貰ったのは、スーパードライエクストラコールドを作る為の物なんで、冷蔵庫以下のきんきんが作れる。

今回頂いたタンブラーは、エクストラコールド用と比べて作りが薄くて量が入る。保温はばっちりだけど、冷蔵庫以下の温度には出来ない。だから、使い分けをすると上手い事快適になる。有り難い。

最初のビールはエクストラコールドを使ってきんきんに。ただ、こっちは割飲みをする時には量が入らなくて使いづらいので、今回のに移行。タンブラーの世界も奥が深い。


普賢岳と蜜柑と旅館。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP