後片付けは不要・2

こう言う事を言うと、君ら、勘違いするからなあ。ちゃんと片付けやって?とか、そんな事は一切求めていない。動機がないからやらなくて当然、俺も人の家ではやらない、だから、やらなくて良い、ってだけ。

自分自身でやらないと気が済まないから、別に、後片付け、してくれてもこっちは困らんし、良いけど、結局はもう一度俺がやり直すんだから、その時間、無駄だよ?と言うだけ。

家ってのは、そう言うもんじゃねえかなあ、と思う。今の家は、漸く俺の居場所になった。それまでは親の場所だったから。親が好きに物を配置し、暮らしていた。そこの場所の一角に俺の部屋のスペースがあって、そこで居候している感じ。

この部屋ですら、掃除だのなんだので、親に介入される。欲しくもないベッドを勝手に買われたり、カラーボックスを買われてそこに服を畳まれて入れられたり。

以前にも書いた事はあるが、服を畳むと言う作業は人生で最大の無駄だと思っている。皴が~、とか言うけど、やってみ?俺の言っている事が分かるから。

確かに着た直後は皴は気になる。ところが、1時間もしない内に、この皴はなくなる。体から発する湿気がアイロン代わりになる様で、綺麗になる。全く気にならない。

(続)


海中でも結構綺麗に撮れるもんだな。俺もやってみようか。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP