葛藤・1

久々にだらだら長々と、特にまとめる気もなく適当に垂れ流そうか。最近筆が止まっているのはタイトル通り。学問とか、真面目に考えると余りに深過ぎてどうしようもない。常に道に迷う感じ。ただ基本的な事を教えるだけなのに、それでも全然道が見えない。いつも迷いっ放し。四六時中、どうしたら良いのか考える日々。

毎日酒飲んで管巻いていても、この高い壁にはぶち当たる。そもそも、教育って何だろう。何を教える事が良いとされるのか。何が良くないのか。こんな基本的な事ですら日々自問自答する。

下らねえ、語学の話でもしようか。もうこれだけグローバルな社会で、英語後進国のこの日本であっても、英語が出来る事なぞ微塵も自慢にならない。はっきり言っちまえば、勉学全てに言える事だが、掛けた時間に比例するだけ。ドラクエのレベルを上げる事に等しい。

どんなゲームでも、最初は下手糞であっても、時間を掛ければそれなりのレベルになる。これと勉学の違い、どこにあるだろうか。

ドラクエのレベルをチートを使わずに自力で限界まで上げた所で、誰が褒めてくれるだろうか。そのレベル自体に価値がない事は言うまでもないのだが、その努力自体はどうだろうか。

世の中は言う、努力は素晴らしいと。どんな下らない事であれ、一生懸命に努力する事は素晴らしいと。腐れまんこの歌詞に出て来そうな台詞。

ドラクエでパーティー全部をレベル99にする事は本当に素晴らしいか?まあ、賛同者はほぼいまい。情熱を掛ける方向が間違っていれば、その努力に価値がない事もあり得る事は確か。

(続)


阿嘉島から座間味島へ。15人位で満席か。小さい船。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする