【管巻き0318・1】宮古島まもるの石像

一昨日のニュースで流れていた。あの警官像は変なリアルさが受けたのに、この石像はデフォルメ化されてキャラクター化している。阿呆だね、これじゃ、元のコアなファンは離れるよ。

そういや、昨年、こいつが大事故を防いだって話があった。こいつには兄弟が沢山いるんで、「まもる」本人だったかどうかは分からんが、これが設置されていた交差点で事故が起きて、こいつも巻き込まれて大破。こいつの御陰かどうかは分からんが、重傷者はなし、と。で、回復後、昇進して復職したらしい。

下らない話は置いておいても、こいつが設置されている場所ってのは事故が多発している交差点なんで、要注意。実際に宮古島を走ると分かるけど、砂糖黍畑が多くて、それが伸びている時には特に見通しの悪い交差点が結構ある。

観光客が多い割に、道路の整備が遅れている印象。特に南部の方。でっかいホテルがかなりあるのに、そこに行くまでの道が、こう言う信号のない見通しの悪い交差点が多い。

一昨年行った時にはあちこち工事中だったので、今はだいぶ整備されて来た筈だけどね。こいつの設置されている交差点では、この面を写真に収められるぐらいにゆっくり侵入した方が良いよ、ってこった。

この像の写真を撮る観光客は多い筈だから、こう言う意味では、この像、事故防止に結構役に立っていると言える。

(続)


船が見えるな。ダイビングか。

阿嘉島の集落。昼間から鹿が。

基本的には夜に降りて来るのだが、人に慣れた個体もいる様だ。

阿嘉島のメインのビーチ、北浜。ニシバマと読む。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP