【動物系・3】海亀を食す

小笠原諸島に滑走路が出来たら、現在は、その建設目的は緊急医療だ、とか言っているけど、その内なあなあになって、観光客向けにも利用されてしまいそうな気がする。

いや、必ずそうなる。緊急医療なんてそんな頻繁にある訳もねえし。滑走路、使われないなら勿体ない、観光客誘致に利用しよう、となる。

もう既に滑走路の計画は立ち上がりつつある様だから、観光客が押し寄せてぼろぼろになる前の、東洋のガラパゴスと言われる美しい小笠原諸島を見るなら、もう残された時間は少ないかも知れない。今度東京に行く時には、小笠原諸島を日程に組み込みたいなと思っている。

海亀の肉や卵も、時期はかなり限定されるけど、小笠原では食えるみたいよ。流石にこれ、沖縄でも現在は殆ど食えんからね。海亀の肉は、沖縄では、宮古島などの一部の離島の、その中でも極々限られた店で、期間限定で、食えたりするらしいが、卵は小笠原じゃないと多分無理。

海亀の肉は、かなり昔に石垣島に旅行した時に、一度だけ刺身で食った事がある。正直、あんまり旨くない。なんか、臭いんだよね。やっぱり、魚ではない。

食用にするのは、青海亀、と聞いた。こいつは草食傾向が強い。対して、赤海亀は肉食傾向が強く、こいつの肉は臭くて不味いらしい。食用にする動物の多くは、牛・豚・鶏と、大体草食。肉食動物の肉は臭くてまずい、と言うのが定説だ。草食の山羊が何であんなに臭いんだかは、知らん。羊も、それなりに臭いは強いな。

(続)


久米島、イーフビーチ。ここでは泳いでないので、海中はどんな感じか分からん。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP