【野球のルール・7】フィールドの違い

ゴルフはフィールドがそれぞれ大きく変わるな。でも、それは選手皆に、平等。風向きとか、天候関連が刻一刻と変わって来てしまうってのはあるけど、それは他のどのスポーツも同じだしね。

野球の場合、フィールドは、確かにその一試合限りでは選手皆に平等なのだけど、ペナントレースの場合、ホームグラウンドの試合が一番多い訳だから、狭い球場の横浜や神宮を本拠地にするチームの選手は本塁打王を獲得しやすいし、名古屋や千葉はその逆になる。投手からすれば、横浜や神宮では防御率が悪化する。こういう不公平が平気である謎。

フィールドがこの様に平等でないスポーツなんて、なかなか他にない。まあ、それが球場ごとの醍醐味と言う部分はあるから、これが良いか悪いかは難しい所なんだけどね。

他にも、選手以外のコーチや監督までユニフォームを着ているってのも、良く考えると、変。皆が帽子を被っている、ってのもそうだよな。バッターのヘルメットの意義は分かるけど、守備側の帽子は何の為だろうって考えると、要らない気がして来る。

まあ、こういう特殊性が野球の普及を阻んでいるのかも知れないな。でも、日常的に楽しめる御手軽なスポーツっていう部分もある。

道具を揃えたり人を集めたりするのは大変ではあるけれど、幅広い年齢層が楽しめるのは大きい。

(続)


この模様、自然って、凄いね。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP