【英会話は不要・22】モノラル・ステレオ

monophonic「モノフォニック」⇔stereophonic「ステレオフォニック」

monaural「モノラル」⇔binaural「バイノーラル」

これが正確な対立関係。でも、日本では普通、モノラル・ステレオって言ったら、上の使い方。1つのマイクで録音した物を1つのスピーカーで再生するのがmonophonic。左右2つのマイクで別に録音して、左右2つのスピーカーでそれぞれ再生するのがstereophonic。日本語ではこれを、モノラル・ステレオと呼んでしまっている。

stereo-は、ギリシャ語が語源で「固い・実体の・立体的な」。固い物=固体=立体的な形、と言う流れか。液体や気体も厳密には立体ではあるだろうけど、流動的なんで、普通にイメージする立体とはちょっと違う。固体こそが立体的と言えるのだろう。

stereotype「定型・決まり文句・月並みな考え方」と言う単語も、この派生で、ついでに。「固い+タイプ(形)」で大体こんな意味になるって事は分かるはず。

で、stereophonicは「stereo=立体的な+phonic=音の」。phonicが「音の」ってのは、想像つくだろう。

cellular phone「携帯電話」

earphone「イヤフォン」

headphone「ヘッドフォン」

interphone「インターホン」

megaphone「メガホン」

microphone「マイク」

phone「電話」

telephone「電話」

と、沢山あるから。片仮名にする際に、「フォン」だか「ホン」だか、どちらかに統一して欲しいと思うけどね。「アイフォン」とは言うけど、「アイホン」だと、なんか流行に付いて行けない老人が口にしてそう。でも、「メガホン」は「メガフォン」とはあまり表記しないよな。

正確には、phonyの形容詞型がphonicphonyでは、symphony「シンフォニー・交響曲」が有名か。

sym-」が「共に」って意味だってのは、かつて書いた事がある。

symbol「象徴」

sympathy「共感」

syn-」でも同じ。

synchronize「同時に起こる・一致する」

synchronized swimming「シンクロナイズドスイミング」(全員の動きが同じなので)

synergy「共同作用」

synthesize「総合する」→synthesizer「シンセサイザー」(様々な音色を総合する楽器)

(続)


余り綺麗な石の積み方ではない。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP