【日記】竜馬

719日火曜から722日金曜。時々仕事には行っていた。おいしそうかな、って時だけ。余りやる気はない。

723日土曜。いつもの飲み。篁園、ドラドラだったかな。ポケモンをやったのは、結局この日だけ。すぐ飽きる。

俺の飽きっぽさは半端ないぜ。そんなに流行りに飛び付く方じゃないが、自分でやってみて、それを人に伝えて、一抜けた、ってのは結構ある。ラインもこれ。人に入れさせておいて、暫くして俺は抜けて、今じゃこれを使っていないのが周囲には殆どいない、と言う状況。

竜馬の話と一緒よ。自分を竜馬と重ねるのは、自分でも慢心し過ぎだな、とは思う。ま、それは置いておいて、このエピソードは面白いので、ちょっと脚色して書いてみる。


ある男が久々に友人の坂本竜馬と出会った。当時、土佐藩では長刀を挿すのが流行っていた。良い長刀を手に入れたばかりの男は、それを竜馬に見せ、言った。

「どうだ、良い刀だろう。ところで御主、長刀を持っていない様だが、大丈夫か?今の世の中、物騒だぞ?」

竜馬が笑って言う。

「そんな長刀、無用の長物よ。平地での戦じゃあるまいし。今の斬り合いの多くは屋内だ。屋内でそんな長刀、ぱっと抜けるか?振り上げりゃあ天井に当たる、横に抜いても柱に当たる、抜いてから斬り掛かるまで間もある。」

短刀を抜いて見せる。

「これよ。短い方が良い。さっと抜けて、刺せる。屋内じゃあ、こっちの方が役に立つ。」

「成る程。流石は竜馬だな。」男は納得して、竜馬と別れた。

1年後。彼らは再会した。

「おう、竜馬、久しぶりだな。俺も最近良い短刀を手に入れてな。どうだ、見てくれ。これなら屋内の乱戦でも引けを取らんぞ。」

竜馬が、懐から何かを取り出しながら、笑って言う。

「そんな物はもう役に立たんよ。今はこれよ。ピストルだ。引き金を引くだけだ。相手に刀を抜く間も与えん。」

「成る程。流石は竜馬だな。」男は納得して、竜馬と別れた。

1年後。彼らは再会した。

「おう、竜馬、見てくれ、このピストルを。最新式のだ。結構な値はしたが、精度も良い。」

竜馬が、懐から本を取り出しながら、笑って言う。

「もうそう言う時代じゃあねえよ。今はこれよ、万国公法よ。国際法だ。日本も海外と付き合って行かなきゃあならん。世界を知らなきゃならん。海の向こうを、見る時代よ。」

「流石は竜馬、と言いたい所だが、奴の変節ぶりには付き合い切れんな。」男は肩を落として竜馬と別れた。

(続)


瀬長島にて。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP