酒レビュー・その1

ついでなんで、今まで溜まった酒レビューを。

・さくら白波

まあまあ。近くの店で茜霧島を探したのだが、なかったので、代用で買ってみた。赤霧島の方が近い感じはした。

・白州

結構値段がする割には普通。昔はもっと安かった様な気がする。テレビドラマでウィスキー人気になって、値段が跳ね上がった様な。値段と見合っていないと思う。これはハイボールぐらいの飲み方が丁度良いかな。

・ボウモアsmall batch

変わったボウモアがあったので、買ってみた。まあまあ。普通のボウモアとは違う独特の後味はある。ボウモアらしい薬臭さの中に、煙臭さを特に感じる。ボウモアを燻製にした様な。ボウモアでも異質かな。でも、これまでにも色々変わったのはあったから、結構冒険はして来るみたいだ。

・リキュール沖縄

久米仙樽原酒。泡盛のウィスキーと言うかブランデーと言うか。後者が近いか。20年物。700ml、50度、8500円ぐらい。限定商品だったらしいので、ついつい。一応泡盛ではあるだが、泡盛の規定では45度以下と決まっているので、原料用アルコールと言う表示になっている60度の花酒ってのもあるけど、あれはまた特別な事情。与那国でしか許可されていないしね。こう言う規定、うざすぎる。酒の作り方の幅が狭められるのが嫌。自由な発想が妨げられる。この酒も面白いしと思ったしね。泡盛の新ステージみたいな。甘さがあるんだよ、ブランデー的な。酒の作り方なんて、自由にやらせてやれ、って思う。で、税金は純粋にアルコール度数だけに掛けて。

(続)


このキャッチはまあまあ。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP