【オリンピック・6】所詮娯楽

スポーツなんて所詮娯楽よ。映画も漫画もスポーツも一緒。どれが優れているとか、ない。どれも下らない。どれも、教育上は、はっきり言えば、良くない。そんな物に現を抜かしているパワーがあるなら、物凄く勉強して癌の特効薬を作るとか、してくれた方が良い訳で。

スポーツ観戦自体を否定している訳ではないよ、一応は。娯楽、趣味の範囲で、楽しく、見たら良い。ただし、「客」としての「観」戦だからね。極力、「客観」的に見るべき。特定の個人やチームに感情移入して、負けて八つ当たりする様なのは最低だ。それは「観」戦ではない。見えてない。

応援団とか、存在意義がないよ。てめえらが勝手に会場で馬鹿騒ぎして飲みたいだけだろ?本当にスポーツが好きなら、静かにじっくり見たい筈なんだ。

甲子園の応援団長とか、客側を見てるから、試合、見てねえし。声を張り上げて勝手に仕切る前に、試合を見ろ、試合を。チアガールの姉ちゃんとか、野球のルールをちゃんと分かっているかすら怪しい。踊って目立ってアイドルにでも、とか目論んでいるだけじゃねえの?

オリンピックにしろ甲子園にしろ、観戦している側はそんなに熱を上げるべきじゃねえ、って事よ。何も得はないんだから。元気も勇気も貰えません。貰ったと勘違いしているだけ。貰ったなら、その証明をして見せろ。明日から変わって見せろ。

って事で、俺はスポーツ観戦に熱を上げる奴の気持ちが分からない。オリンピックもワールドカップも甲子園も、全然見ない。結構好きな野球ですら、1試合を全て通して観戦する事すら、非常に稀。ここ一番と言う大きな試合ぐらいだけだな。

パリーグの試合はネット上に動画が豊富なので、そのハイライトは見ている。だから、セリーグの選手の動き、正直あんまり知らないね。山田のバッティングフォームとか、国際試合以外で見た事ないし。野球ファンと言っても、非常にライトな層。

(続)


南部の海はこういう光景が多い。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする