暇を持て余す

毎日暇を待ち望んではいるが、いざそれがやって来ると、何して良いかさっぱり。偶々ちょっと空いたのだが、本当に困る。出歩くのにも乗り気じゃない。普段していない事をやるって、結構精神力を必要とする。

只遊びに行くだけなのに、普段と違う行動だから、面倒だなあ、って思ってしまう。そんな思いをして迄行く必要があるのか、って疑念が次に出て来る。合理的に考えて、出掛ける必要はないな、となる。

でも、偶にしかないこんな機会、これをいつも通りに過ごしてしまうのも勿体ない。だから、出掛けなきゃと言う強迫観念に駆られる。

世の中、皆こうだろうな、と推測している。偶の休日なんて、本当は極力寝て置けば良いんだ。自分の体力の回復に使うべき。でも、大体皆、家族サービスで更に体力を擦り減らす。

大変だね。俺は睡眠を物凄く重視しているので、暇さえあれば寝る。毎日10時間は寝ている。これはまじで大事だよ、現代人は余りにも睡眠不足だ。ここは削っては駄目な所。人間の活力の源だから。

だから、暇なら極力寝るんだけど、でも、偶にしかないこんな休暇となると、ちょっと勿体ない。多分皆この下衆い根性で自分の首を絞めている。何かやらなきゃ、みたいな。辛いね、現代人。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする