未来を変える

毎日飲んだくれてはいるが、それはしゃあないとして、それ以外の時間は極力、一応は使うべき所に使おうと言う努力はしている。結構負けないんじゃないかな、今の子弟に、この掛けている時間の量。

基本的に、諦めから入っている。だから、どうせ、みたいなのはある。でも、それを変えてくれるのは奴らの力。これが見ていて一番楽しいし、この予想外の力にこそ希望を見出せる。

これが一番美しい。真と美とは呼び方が違うだけだとかも聞くが、真は科学者の目標、美は芸術家の目標、なんてね、が、実際これらを見ているとそんな様な気もしなくはない。もっと言えば、人間の輝く期間はこの時代であろう。

俺がとっくに過ぎてしまった、なくしてしまった、懐かしい輝き。何かちょっと違うな、ぎらつきとか、う~んこれも違う様な、兎に角、一等星の様な光。

これをいつも見させて頂いているだけで、有り難い。だから、休みとか要らんし、そんな日があると、気になって仕方がない。俺も又もっと限界迄出来たのではないか、と。

それなりに見て来たから、ある程度の未来は見えてしまうが、その通りにならないからこそのこの稼業。見えている未来をひっくり返す、神に逆らうが如くの行為こそ、無神論者ならではの、目標。

名護の滝の傍にて。稲作をしている。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP