ぎりぎり・2

こう言うのを楽しめる精神も、それはそれで必要なのかもな、とも思う。ピンチが大好き。これが好きじゃなかったら、逆境に追い込まれた時に本当に潰れてしまう。

防御本能なのだろう。逆境にならない人間なんていない訳で、であれば、常にその状態になった事を想定して、その逆境が一番の苦境になるのだから、そこに備えて行動すると言うのは理に適っている。

その訓練として、自ら常に逆境の状態に身を置いている、と解釈するのが一番理に適っている。完全に言い訳だけどね、行動出来ないこの身の。

ゆとりを感じられた事が1度もねえな。計画通りなんて思えた事は何1つない。これはもうこう言う性格なんだから、直す必要もあるまい。

多分、これもこれで色々とプラスの面はあるのだろうから。でも、世の中の偉人と言われる様な奴は、ちゃんと考えて計画通りにきっちり地道に努力を積み重ねると言う印象はあるなあ。

ま、いいや、偉人に今更なれんし。俺の生き方はその日暮らし、その場凌ぎ、そうやってもう半生生きて来たんだし、直しようもないだろう。(終)

こう言うのを眺めて、只何もしない、そんな時間も大事だ。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP