ぎりぎり・1

我ながらどうしようもねえなと思っている。本当にぎりぎりにならないと動かない、いや、動けない。何やるにしてもいつもぎりぎり、余裕を持ってなんてまずないね。病気だな、これ。

引越ししなきゃならんのに、1週間を大分、いや大幅に切って、漸く見積。車検も後2週間後位なんだけど、まだ何も。ぎりぎり迄一切やらん、ってのがスタイル。

いや別に、これが良いとは全然思っていなくて、いつも反省していて、ちゃんと計画的に、とか毎回思っているんだけど、毎回こうなる。

もうこのスタイルが身に染み付いてしまっているんだな。中高と、テストの為の一夜漬けを繰り返していたから、こう言う生活のリズム。ぎりぎり迄やらない、と言う怠惰な生活パターンが俺の核心。

直しようがねえ。いやいつも直前に焦って色々する事になって、毎回後悔するよ、次回からは必ず余裕を持って、毎回神に誓うんだけど、毎回同じ。俺の願いを叶えない神が糞だな。

一番深い所で、この切羽詰まった状況を楽しんでいる部分があるのは間違いない。てんやわんや、これを待ち望んでいるんだろうな、俺の深層心理は。でも俺の表面は、こんな危ないの、止めろ、って言っているんだけどね。

梅雨も明けたし、偶には良い景色を見に行きたい物だ。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP