娯楽・2

全体の雰囲気もあるし。こう言うのはネット上では多分厳しいだろう。特にがやがや連中は勝手に御互いが話して収拾付かなくなる筈。もしそれが出来ないならば、すぐに寝てしまいそう、こいつら。基本、勉強熱心じゃねえから。

ここに迄出張って来るメリットを感じて貰えないならばこの稼業も危ういかな。そこには俺は自信はあるけれど、単独で軽いから適当に行動出来ている所もあるので、一般的にはこう言う遣り方は厳しいかもね。

臨機応変に、なるべく楽しく。ここに面白みを感じるから現在動けている部分も大きい。これが本当にルーティーンワークみたいな、毎日の仕事の義務感みたいな物が生まれてしまえば、もう2度とやろうと思わないだろう。

仕事を娯楽に出来ている、これは我ながら良くやった。毎日、スケジュールを埋めないと気が済まない。空きがあると、何か、サボっている気分、罪悪感がある。この時間を、もっと望んでくれている連中に使えば良いのに。

が、最近俺も卑しくなって来てね、分が悪いからやりたくねえなあ、とか、邪な考えが良く出て来る。効率が悪いから、纏めて、とかね、思っちまう。

最低だね、ちょっと調子に乗り過ぎだ、理念がねえ。そこを判断基準にするなら、金だけで計りゃあ良い訳で、だったらそう言う仕事、世の中探せば幾らでもある。楽して稼ぎたいなら。

自然に返すのも良いかもね。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP