寄り添う為に・1

暫くここの更新は無理になる。平常通りに戻った結果、やる事が山積みになった。大量に抱えているのもあって、レベルも様々だし、それぞれでやる事がある。個別のニーズに合わせてはやりたい。

ストックで最近楽していたけど、それもそれで自分の新しい世界が広がらないから詰まらない。それで余裕かまして酒ばっかり飲んでいた訳だしね。

仕事のバリエーションを増やそうと模索中。2年分以上のパターンはもう作れているけど、実際に3年以上来るのもいる訳で、それを考えれば、多様な持ち駒が欲しい。

何年も来る様なのはどうせ身に着いていないのだから、過去の物を持ち出すと言うのもありだとは思うが、多少なりとも記憶に残っている物はちょっとなあ、と。

復習嫌いなんだよね、俺自身が。特に言葉なんて、毎回毎回同じ事を繰り返し喋るなんて事はない。馬鹿の1つ覚えと思われるだけだ。

この世には常に溢れる程の新しい言葉が紡ぎ出されている訳で、例えば幾らどんな名文であろうが、そればっかりを繰り返し読むのは愚の骨頂に思われる。

奥に死体がある中で。死んだから又作ろうか、みたいな?
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする