子育ての歌・5

だから正直に言えば良いのに。子育てなんてしたくねえって。皆家族なんて作りたくねえから出生率が下がるんだよ、社会的な問題じゃねえんだ、只単に、子育てがうざいから、面倒だから。

日本に限った話じゃねえんだからな、先進国は皆出生率が低下して、途上国は高い。つまり、人間は豊かになれば子供なんざいらんって事だ。それを、自分に嘘を吐いて、欺瞞を以て、子育ては楽しい、と言い聞かせているだけだ。

人間は、豊かになって個人の生活が充足してくると、配偶者も子供も必要なくなる。国家がこれを証明しているから疑い様のない事実だ。子供を作れという割に、その魅力を説明出来ていない。だから増えない。

実際、子供を持った人間の大抵が二人で十分と言ってしまっている。子供が良いと言うなら体力の続く限り作り続けるべき。それを見るならば俺も頑張ろうかなと思う。

だから、子供の魅力を幾ら伝えようとしても、この国では一切響かないと思うね、そして人口が増える事もないだろう。余裕があるのに作らないんだから、そう言う選択を意図的にしてるのだから。

子作りは面白くねえんだよ、正直に言え。面白いと思うならそれを題材に歌え、そしてヒットして見ろ。多分無理だね、そんな詰まらない物に皆興味がないから。精々皆、この墓穴を掘る作業、頑張って。以上、おめでとう、泡島。(終)

伊是名はこの山が特徴的。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする