実績のみ

基本的に仕事の良し悪しなぞ、実績以外は物語りはしない。机上の空論の無駄さ。教育論に置いては特にこれが一番だと思っている。

世には様々な方法論がある。だが、実績を伴わなければ無意味だ。実績を出してから言って?理論を振りかざして満足しているだけの奴って世の中腐る程いる。何で実行しないの?その理想の教育で沢山弟子を作ったら良いのに。

結局、世間に相手されないからネット弁慶になる。御立派な理論は実践してこそ何ぼよ、そして、その実績を出せ。それがなければ説得力は皆無。

沢山弟子が勝手に出来て、自分で宣伝する必要もなく、勝手に集まって来る。そして慶応義塾、東京専門学校=早稲田、となる。こうならない自分を恥じるべきだろう。ならないなら、自分の理論はそこ迄この世に受けない訳だな。

じゃあ、受ける様にして、そこに自分の理論を忍び込ませつつ、思う様な形に。世の中が間違っている?この世の教育が間違っている?偉そうに主張するのは簡単よ、その先が大事なんじゃねえの?

実績を提供しろ、それで売れろ。そうじゃなきゃ、その意見に耳を傾ける奴はいない。最近常々自戒している事。なので、毎年結果が恐ろしい。ま、これ位背水の陣を引かなきゃならんだろう。

火事の後見に行っていないな。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする