動機

何でびびらずに動けるんだろうな、って考えて見た。現在、結構高い動機があるからに違いない、と自問自答。何か少しでも影響を与えられる、って事に喜びを感じているのだろう。

皆が皆、将来立派になる訳ではない。寧ろ、大半は世界を動かす様にはならない。いや、ほぼ確実にならない。だけど、このほんの一瞬だけでも俺の魂と触れた時間が、そいつやその子孫に何らかの影響はするかも知れない。

それに期待するのは荒唐無稽な話だろうか?バタフライエフェクト、眉唾な話ではあるが、希望的観測で信じても良いかな。何かが何かをすればそれは絶対にこの世に影響する。あらゆる物が、生きている以上そうである筈。

後はその大きさの話。所詮無理だろうけど、なるべくでかめにな、とは思っている。この努力を嘲笑う奴は抑々何も出来まい。俺はそこ迄斜に構えてもいないし、そんなにニヒリズムでもない。割と社会に出る方。

大した影響でなくとも、結果が出なくても、どこかで役に立たぬ筈も無い、と信ずる。そこに疑いを持つならば抑々この稼業の意味はない。

自分に出来る事は全て、伝えられる事は全て。どう伝わるかは結局各個人それぞれ次第。でも、何らかの影響を与えられれば十分だ。どこかで思い出される事があれば。なくてもいいか、無意識もそれはそれで有り難い事よ。

識名園。そこそこの庭園。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP