沖縄もやばい・1

粟国紀行は置いといて。ちょっとやばいね、これ、週末なのに街に全然人がいないし、国際通りでももう諦めムードがあって、やっていない店が結構ある。閉めるのも早いし、観光客は非常にまばら。

中国の助けを借りないと、内需だけだとこんなにもしょぼいんだなあ、と実感。結局、ちょっとインバウンドで調子に乗って見た所で、人の助けを、おこぼれを、貰わないと生きて行けない島。

沖縄は観光でやって行けるんだから米軍なんざいらねえ、何て意見が最近は結構主流だったが、こんなにも脆いとはね。所詮は時の運、時流は幾らでも変わる、人間の予想も付かない方向へ行くのが世の常。

だから、自分の身の丈に合った生活が一番なんだって。ちょっと観光バブルで浮かれていたこの島には良い御灸になったと思っている。そんなにないよ、この島に経済力は。結局他人頼み。そして、こんなにもあっさりと崩壊する。

天狗になっちゃ駄目よね。一寸先は闇、これを肝に銘じて置いた方が良い。そう言う意味で、こういう流行り病、地球が説教してくれてんじゃねえかなあ、ってすら思う。

丁度良い感じで鼻っ柱を折ってくれる。大体、老人には覿面のウイルスとか、もう地球が助けてくれているだろう。老害を殺して地球を若返らそうとしてくれている。この星の自浄作用なんじゃないかとも思える。

東北の海。この暗さが味。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP