思い出す敬意・2

郡ちゃんって本気(マジ)で偉大なんだなあ、って。あれはあれで近くにいると酒臭くて?問題もあるが。こっちの経営者なんて、全然うんこ、郡ちゃんの泥酔状態の方が遥かにまし。

こんな小さな島で小金の事ばっかり考えんなよなあ。金なら東京に落ちているよ。この島に態々来て迄経営ばっかりで、自分の所で採っている講師の力とかすら知らん、とか、呆れる。こっちの糞共、何も見てねえ、見えてねえ、知らねえ。

ちょっと細かく説明しよう。普通なら、自分の受け持ち教科じゃなくてもよ、自分の店で雇うんなら、見るだろうが、その従業員を。精査しろよ。特に経営者なら。

雇った奴の仕事も、仕事をやるのはそいつ自身だけど、結局は手前の店名、雇った側の責任、看板を出してやるんだから、どこの馬の骨とも分からん奴を雇ったら駄目だろうが。悪評判になるだけでメリットがない。

大昔の学生時代の某所では、俺、数学なんて全く分からんのに、雇う予定だから見てね~と、深夜、本当に深夜だよ、2時とか3時、こんな時間に駆り出されて、これを講師にして良いか、見てね~、とか。

時間外労働の極み、深夜手当も付けろよ、糞が。ほんの少しだけ、主任給とか言って出てたが。でもこの役職になると他の仕事も、新人の研修とか、阿呆程出て来るんで、全然割には合ってない。


偶には旅行に行かんと、写真がなくなる。

Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする