餓鬼の意識・1

神童と呼ばれていた時の記憶。猫の話で受けが良かったんで、餓鬼って、これ位の意識は持っているよ、って話を。

小学校に入る前に、神童と呼ばれていた。ミニカーが好きで、車の名前を全て記憶していたらしい。ここは俺の記憶にないのだけれど、親が言うには。街を歩いて、車を見たら全部名前を当てていたのだと。

幼稚園に入った時からの記憶は、断片的にではあるけど、残っている。キリスト教系の幼稚園で、今考えると、こんな所に何で俺様を入れたんだ、馬鹿親が、って思う位、無駄な教育をしている所で、聖書を歌わされたり、思い返すに付け、腹が立つ。

三育幼稚園って所で、家からも糞遠い。母ちゃんと一緒に1時間近く歩いて通っていた様な。まあ、これが後々の、現在の体力に繋がっていると考えれば、悪くはない鍛え方だったのかも知れん。

この頃には、文字が読めた。新聞を問題なく読める程度に。吹かし、と思われるかも知れんけど、これは間違いない。だって、SMを理解していたから。

幼稚園に、恵美(上の名前も覚えているけど、流石にやばいので書かない)、って糞生意気な喧嘩相手の女がいて、これを縛り付けてレイプしたいと常々思っていた。それでオナニーしてたから。


色々な写真。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP