教育と年

最近思う事。英語の教師は英語だけ出来ても何の意味もない。英語の面白さを伝える為にはそれなりのバックボーンがないと無理だと言う事。だから、若い内には難しいかも。

前にも書いたけど、教師に必要なのは英語の知識とかの問題じゃない。どうやってこの世界に引きずり込めるか、だ。何度も書いている通り、英会話とか、日本人には全く必要がなくて、その上で、なぜ英語を学ぶのか、こう言うモチベーションが必要。

ここで引き摺り込む力が教養。今教えている際も、文法の話は少ないなあ。大体、単語の話。似た綴りとかで混同している事が多いんで、それを指摘して、それはあれ、これはこれ、これがメイン。

混同している物を二度と間違わない様に、話を膨らませて行く。どの単語も極力日常に結び付ける。これ、かなりやる気を引き出せるよ。

単語の解説みたいな感じなんだけど、これがね、手応えがある。これを使って見知らぬ単語を推測しようと頑張ってくれるんで。

単語を覚えさせる為に、自分が持てるありとあらゆる、教養は勿論、低俗な知識も、語呂合わせも、フル動員。これが本当の言語の授業なんだな、とすら思っている。


湯布院。

Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする