黒電話と著作権テロ・1

北の黒電話の話。この黒電話ってネットで見て知ったんだけど、世の中にはセンスがある奴がいるなあ、よくこんな言葉を思い付くもんだ。

北ちょんのあれの頭、確かに、昔懐かし黒電話。俺が餓鬼の頃、家にあったよ。ん?これでシンパを増やす作戦か?

でね、現代ってのは、ハードからソフトへ、って流れだと思うのよ。なら、核、なんてハードじゃなくて、ソフトでの攻撃が出来ないのかなあ、なんて考えていて。

サイバーテロってあるのは勿論知っている。でもあれ、政府のコンピューターとか、一番頑丈な物に攻め込む訳で、そりゃ大変だろうな、って。もっと簡単な方法がある気がする。

株の取引ですら、見せ板だの、ネット上での怪しい動きは沢山ある。国が本気になりゃ、もっと出来んじゃねえかな、と思うんだよ。北ちょんの様な、もう失う物がない様な国なら、ここに力を掛けたら良いのに。ミサイルより安上がり。

他にも、著作権に対する攻撃なんてのが可能なんじゃないかなあ。映画に音楽に本に漫画、こう言ったあらゆるメディアを、ウィルスで拡散させる。ウィルスって有り難くないのが普通だけど、これは善玉菌。

()


別府の町。この怪しい雰囲気は好み。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP