出玉泥棒・5

この稼業だと、店はこちら側にはなってくれないからな、自衛するしかないってのが大変。店の格付けだと、「鴨の一般客」→「犯罪者のババア」→「ガチプロ」と言う感じだから。

パチ屋において、俺らは穢多非人の扱い。一般客→「いつも出しているうぜー奴」って言う嫉妬の目。店→「出玉のアピールには使えなくはないけど、いつもこいつに出されてもなあ、面倒」って言う扱い辛い客。

出玉の盗難と言う、完全に被害者側であっても、白い目で見られるのがこの稼業。とんでもない差別だよね、これ。LGBTとかの前に、こっちを何とかするべき。パチプロに人権を!

人権弁護士さん?、パチプロの人権、守ってくんないかなあ?よくよく考えると、世の中で一番抑圧されているのって、俺らだね。この稼業以外に、味方がほぼゼロ。同業間ですら、相手を蹴落としに掛かる訳で、全く連帯感がない。

実に孤独な稼業だね。まあ、だからこそ、その分だけ少し、格好良くなるよ。ゴルゴ13の実写、と言うか、あれは現実には無理だから、その現実版、みたいな。皆、頑張れ!

(終)


薩摩硝子は、まあまあ。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP