赤身と店紹介・1

最近、大衆には霜降りよりも赤身が人気らしい。健康志向もあるから、分からなくはないし、俺としては有り難いので、どんどんブームになって欲しい。

だって、これで赤身の方が品薄になって値段が上がって、人気の落ちた霜降りが安くなるなら、霜降りの方が好きな俺としては助かる。

こう考えると、この赤身ブーム、霜降りを安く食いたいだけの奴が仕掛けているんじゃねえの?なんて、穿った目が向いてしまうね。

大衆、って言葉にはマイナスイメージが含まれている。マスゴミに踊らされる、自分で考える頭のない、無能なごみ共の集まり。ちょっと「赤身は健康に良い!ダイエットに最適!」なんて流せば、飛び付く阿呆共。

自分の好みの物は、黙ってひっそりと楽しむ、ってのが現代ではベストなんだろう。食べログなんかで点数が高く出ると大行列になって食えなくなる、これも同じ。

ここで美味い店を紹介している俺も阿呆な事をやっているな。確かに、誰にも知られなかったら客が来なくて閉店してしまうと言うリスクはあるけど、宣伝し過ぎて行列になる様なら俺が食えなくなる、と言うジレンマ。

ただ、本物は宣伝とかなくてもしっかりやって行ける筈だから、紹介する方のデメリットが大きいとは思う。美味い物、美味い店は、黙って食え、って事だな。

(続)


打ち上げは地味に大変そう。

Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする