一人打ち上げ・4

以前と違って、人に配慮しなくて良いってのも、気楽。他の講座で使っている例文だから使用禁止だとか、本をまんまパクると評判にとか、そんな下らない事を気にしなくて良い。全ての責任は俺にあるのだから、誰からも何も言われない。

評価に一喜一憂の必要もない。それは俺自身に全て返って来るだけの事で。こんな事に捉われて笑いや機嫌を取りに行く方が下らない。人の作った、俺が気に入らないカリキュラムに合わせる必要も全くない。同僚との意見の調整が必要ない。

自由こそが最高だね。鶏口牛後って事よ。でかい牛の尻になっても頭の制約を受ける訳でよ。それよりかは、小さくても、鶏の口。自分の思う通りに生きないで、何の意味があるだろう。

俺はこの稼業に強いポリシーを持っているので、それと敵対する様な奴とは、所詮一緒に仕事なんて出来なかったんだな、と。だからやめた。そのイメージで嫌悪感があったから、こっちでも新たに踏み出す事が中々出来なかった。

でも、一人でやってみたら、思いの外楽しい。なんで、人を雇う気はせんね。皆で意見を統一するとか、面倒臭過ぎる。どうせ意見は合う訳がないから。逆に、従順過ぎるのも気持ち悪い。そんなのとも付き合いたくない。

元々アウトローのパチンカスだし、集団的行動なんて無理。思うがままに、成功も失敗も全て自分の責任の元に、これが一番自分で納得が出来る生き方。

休み明けには真面目にやらんとな。最近は余裕があるし、そっち方面にも力を分配しよう。

(終)


この大会が日本で見られるのはこの佐賀だけ。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP