ハナハナシリーズのリーチ目・その4

基本のリーチ目は前回までの通り。以下、左リールの停止位置ごとの解説。

まずは左下赤バー、白バー、赤7から。小役狙いでよく見る部分だけに、一部複雑な型がある。飽きさせないためかな。

左下のバーは赤バーでも白バーでも出目は基本的に変わらない。スイカのこぼしでここには止まらないので、以下の出目は全てボーナス確定になる。

左下赤7もほぼ同じはずだが、ここは普通狙わないからちょっと怪しい。スイカのこぼしでも出る可能性はあるかも。

ということで、左のこの位置からの以下の出目は、全て確定!のはず。

・大駒および代役の、右上がり一直線、下段一直線

・右リール上段大駒および代役チェリーで、中リール小役外れ

(左右で小役のダブルテンパイ外れになる)

・中リール上段大駒、右リール中段チェリー(見落としやすい特殊な形だが、覚えておくべき)

・中リール大駒なしで中段にスイカ(中リールの出目は上から、リプスイカベル)。これで2確。

このとき、右リール上段に大駒か、右下段7が大概止まるが、中段に白7もあるようなので注意。

逆に、この左リールの位置からの2リール外れ確定目は以下の通り。覚えておくと、通常プレイの処理が早くなって、リーチ目でも手が止まりやすくなる。打っていればわかるんだけど、集中してないと、光った時に出目がリーチ目で、「あ、2枚損した!」なんてことがちょくちょくあるw。

・右中段赤7、赤バー(右中段白7は外れ確定ではないので注意)

・右枠内大駒なし

・中リール枠上白7

(続)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP