猪木論・その1


テーマ:

ついでにリアルの方についての考察。スロと交えて、下らない事を書き連ねてみる。

今回打ったスロも中身は大して代わり映えしないARTなんだが、断然他よりは面白い。理由は1つだけで、ただ単に猪木という題材がいいだけなんだよね。

プロレスというエンターテイメントの強い世界とはいえ、あれだけ名台詞を残せるのもいないだろう。言葉が独特で印象に残りやすいというか。そしてあの風貌に声。あれだけ惹きつけるってのは凄いと思うよ。

「道」もちろん、他も強烈。俺は「出る前に負けること考える馬鹿いるかよ!」が好き。いや、猪木が勝つことはシナリオでわかっているんだけどさ。あ、こんなこと言うとえらい問題になるからやめておくか。俺も「打つ前に~」と変換して朝行くことにしよう。

4号機の時に大好きだった「冷蔵庫の納豆食べちゃってごめんね」がなくなったのは残念。「心の扉」の詩のオチだが、あまりに衝撃だったので今でも覚えている。

このスロに限っては「これじゃ、ねぇ!」が熱い上にインパクトが強いので、他の台でバケが揃う度に俺の頭の中では流れている。


注釈

別に、猪木のファンではないんだけど。エンタメとしてはいいんじゃない。政治に頭を突っ込んで来て欲しくは無いが。
首里天楼にて。琉球舞踊。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする