沖縄のパチ屋事情・その3

交換率はパチ、スロともだいたい都内と同じ感じ。都内よりは、大量に余り玉が出るなんてことは無いかな。流せるのは10時以降、交換所は11時以降、なんてところが多い。

朝の並びは結構適当な店が多いね。それぞれの店によるんで、この辺は行ってみて郷に従うしかない。一列でしっかりと、って店は少ないね。昔と比べれば整理券を配っている店も増えては来たかな。昔はかなりひどくて、入り口に放射状に集まっていて、開店ダッシュとかが日常。後から来て割り込んでくるなんてのもごく普通で、見て呆れたもんだw。さすがに今はこれよりマシではある。

機種のメインはやっぱり沖スロ。25φは少な目。あ、こっちでは25φのことを「ミニコイン」「チビコイン」と呼ぶ。沖スロが普通なんで、沖スロなんて呼ばない。パチンコもぼちぼちあるけど、店の台数の半分以下の店が多い。1パチ5スロなんかもかなり多くて、一部低貸し玉専門店もある。最近では0.5パチに2スロなんかも増えている。

新台入替のペースは遅め。都内のように毎週あるなんてことはない。入替は店によってばらばらだが、水曜、木曜あたりが多い感じ。都内はほぼ月曜だったんで遅め。新機種も都内と比べて1,2週以上は遅れるね。離島だから仕方ない。沖スロは新機種が少ないから入替頻度は当然低く、入替のメインはパチとミニコイン。大量導入ってのは少ないかな。

続きは次回。

(続)


最近の朝一は抽選が主流になりつつあるようだ。

貰い物にけちを付ける様だが、こんな写真ばっかり、良く撮ったな。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする